sup (スタンドアップパドル)


 

 

波に乗ることはもちろん、平水面をクルーズしたり、フィッシングを楽しんだりと、さまざまな遊びが無限に広がるSUP(スタンドアップパドル)。ハワイを中心に世界中で楽しまれているSUPは、今や日本でも大注目のウォータースポーツだ。


-歴 史-

 1960年代、ワイキキのビーチボーイらによって、大きなサーフボードの上に乗って、オールを使って漕ぐ乗り方が生まれました。彼らは、それに乗って、泳いでいる人やサーフィンをしている人たちの写真を撮ることが、主なる目的でした。
  ところが最近になり、マウイのビッグウエーバーのレイヤード・ハミルトンやデイブ・カラマ、マカハのビーチボーイ等によって、再び復活したのです。彼らはトウ・インサーフィンの足腰の練習用に始めたのです。又、より沖からのテイク・オフもパドルを使うことにより可能になり、ロングボードのターンにもパドルがより有効な事を発見しました。 サーフィンから波を選ばない、ロングディスタンスクルージングも可能なスポーツとして、確立されたのです。

 


-道 具-

今までは、大きめのサーフボードが主流でしたが、近年はそれ専用のボードが開発されています。幅を広くし、安定性を増し、しかもよりスピードが出るような形状が完成されたのです。又、パドルも立って漕ぎやすくするためにグリップの形状が工夫されたり、より推進力を増すように、ブレードに角度が付いたものが主流になってきました。


ナチュラルフィッネスとしてのスタンドアップパドル
このスポーツが短期間で普及してきた要素の一つとして、体全体を使った、エキササイズ効果を求める人が沢山始めたのも、大きな要因です。不安定なボードの上に乗ってバランスを取ることにより、自然と体の中心がくるようになります。又、大腿四頭筋、ふくらはぎ、足首、ひざ等、老化しやすい筋肉のワークアウトにも最適です。


場所を選ばないスポーツ

サーフィンは波が無いとできませんし、ウインドサーフィンはある程度の風が吹いていないと進みません。しかし、スタンドアップパドルサーフィンは、波や風など必要としていませんし、ましてや海だけのみならず、湖や川でもできるスポーツです。
又、レース等の競技は勿論、仲間とクルージングに出かけたり、釣りやトローリングも可能であり、今後、遊びの可能性は未知数にあります。海浜の救助活動用ボードとしても、使用可能です。

このような、未知の可能性を秘めた、スタンドアップパドル、皆さんも是非とも始めて下さい!


ルールやマナーを守って安全に楽しみましょう

海には、立ち入り禁止地区があったり、サーフィン・釣り等のローカルルールが存在します。地元の方とコミュニケーションを取り、それらのルールやマナーを守り、安全に楽しみましょう。
ウォータースポーツを楽しむ為に自分の体調を把握し、無理をしない事、そして海に入る前には必ず準備運動を忘れずに。

SUPを始めてトライする人、特にマリンスポーツの経験の少ない人は、なるべくスクールに入る事をお勧めします。スクールでは、乗り方はもちろんの事、それぞれのゲレンデのルールや特徴等を教えてもらえます。より上達がはやく、安全に楽しめる事、請け合いです!!